毛穴をこれいにする洗顔

毛穴ケアの洗顔法 正しい洗い方

毛穴の開きや黒ずみ、たるみなどのトラブルは、洗いすぎや乾燥により水分量が低下してしまい、角質部分が厚くなって毛穴の出口が角質によってふさがれて詰まることによって引き起こされます。引き締め効果のある化粧水やローションなど使って改善する方法もありますが、正しい洗顔でしっかり汚れを取らないと化粧水やローションの効果が半減してしまいます。

 

洗顔は美肌の基本ですので、正しい洗い方を身につける必要があります。まずメイクをしている場合は、しっかりクレンジング剤で落としておきます。洗顔料はしっかり泡立てることが大切で、泡立てネットなどを使ってホイップクリームのような泡を作ることで、摩擦を軽減します。毛穴ケアの洗顔法は泡が大切で、きめ細かい泡がケア難尾奥の汚れまで洗い流してくれます。

 

洗い方は泡で顔を撫でるように洗うことが大切で、ちょっとした摩擦でも肌を痛めてしまう可能性があります。Tゾーンから顔の外側に向かって、螺旋を書くように洗っていき、小鼻や黒ずみが目立つ所は優しく輪郭に沿って丁寧に洗います。目元は他の所に比べ皮膚が薄く、デリケートな部分ですので気を付けることが大切です。全体に泡がなじんだら、ぬるま湯ですすぎます。

 

洗顔した泡には汚れや余分な皮脂も入っていますので、すすぎも重要です。この時の温度も大切で、高温ですと必要な皮脂まで洗い流してしまい、乾燥してしまいます。顔にぬるま湯をかけるようにすすぎ、顔を必要以上にこすらないようにします。あごやこめかみ、髪の生え際など泡が残りやすい所は、特に気を付けてすすぎます。

 

肌は摩擦に弱いので、洗った後タオルで拭くときもこすらないようにし、タオルで顔を拭くときは、軽く押し当てるように水分を吸収さるようにします。洗顔後の保湿は大変重要です。しっかり保湿することで乾燥肌を防ぎ、それにより毛穴の開きを改善することができます。また乳液やクリームは肌をしっかり保護してくれますが、付けすぎると毛穴に詰まりやすく、毛穴の開きの原因となりますので、適量を心がけることが大切です。



このページの先頭へ戻る